モビットの必要書類はこれだ!

モビットの必要書類はこれだ!

カード申し込みなら、必要書類は身分証明証だけです。

キャッシングは、すぐに現金が準備できるので、急な出費の際やお給料日前などの際はとても便利です。
キャッシングを取り扱っている会社はいろいろありますが、必要書類のシンプルさで言うと、モビットは群を抜いたお手軽さです。モビットは竹中直人さんと夏菜さんのコンビが力強く、そして優しいイメージキャラクターを務めているキャッシングの会社です。モビットは三井住友銀行グループですので、その信用度は抜群です。信用度はさて置き、肝心なモビットでカードを作る際に必要な書類というと、実はただ一つ、本人確認書類だけなんです。え?本当にそれだけ?って言いたくなりますが、本当に、それだけなんです。第一の優先順位は運転免許証ですが、運転免許証がない場合は、パスポートか健康保険証でも大丈夫です。
ただ、ここで気をつけたいのが、Web完済というシステムを利用したい人や、過去の借り入れ履歴がある人や、現在複数の借り入れがある人など。これらの人については、また後ほど詳しくご紹介するとして、とりあえず、初めて借り入れする人や、過去に借り入れがあって、既に完済している人などは、間違えなく、安心して、本人確認書類を一つ持っていれば、借り入れができるというわけです。

男前なWeb完結システム

モビットには、Web完済システムというものがあります。その名のとおり、Web上だけで契約が完了するというものです。
このWeb完済のメリットは、第一にモビットの方から電話でお問い合わせの連絡が入ったり、郵送でカードの受け取りといった手間がなくなるという点です。申し込みも取引も全てWeb(ネット)上で行うので、誰にも知られることなく借り入れと返済ができてしまう、というのが最大のメリットになります。第二に、申し込み、審査完了後、カードの受け取りがないため、すぐに利用が開始できるという点が挙げられます。これなら、最短で、申し込み後30分程でもう手元に現金が、というのが可能になります。これなら、急な物要り(物入り)の際でも、慌てることなく、スマートに準備ができるようになります。
もちろん、これは平日の営業時間内でのことですので、もしWeb完済で申し込みから利用までスピーディに行いたいというのであれば、利用時間を確認しておくか、もしくは申し込みだけ予め行っておく、というのも手です。このように、モビットのキャッシングなら、自由自在に借り入れができますので、本当にキャッシングの万能選手、例えるなら、まるで陸上の五種競技の選手のようです。ただ、この場合、三井住友銀行に口座がある方など条件がありますので借り入れの際は注意が必要です。

 

もっと詳しく知りたい人はコチラ カードローン比較マガジン

追加で必要書類が必要な場合

基本的なカードの申し込みの場合は必要書類は運転免許証等の身分証明書だけ、とお話しました。〜の場合は、とつけたということは、例外があるということです。
例外は、前出のWeb完済での申し込みの場合と、現在複数の借り入れがある場合、過去にキャッシングで返済が滞ったや完済ができなかった方、更には現在の職場でお仕事をスタートさせてからまだあまり日数が経っていない方などです。Web完済の場合は、元々そういうシステムになっていて、大きく分けると3種類、本人確認(運転免許証など)、収入証明(源泉徴収票、所得証明書など)、就業証明(健康保険証、給与明細書など)が必要になりますので、通常のカード申し込みに比べると、書類の多さが目立ちます。ただ、予め準備さえしておけば、カードレスでとても便利な方法と言えます。
後者の借り入れがあったり、過去にキャッシングでなにかトラブルがあったという人は、収入証明などの必要書類が、その案件ごとに、適宜決められ、本人へ提出を求めることになります。ということは、後者の場合、モビットの方から「〇〇を提出してください」と言われれば提出をすれば良いということです。あとは、審査結果を待ってキャッシングスタート、となります。

モビットの借入条件とは?

キャッシングの借入条件は会社によって異なります。
モビットの場合は、「年齢満20歳以上65歳以下の安定した定期収入のある方。アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。」とあります(モビット公式HPより抜粋)つまり、モビットの借り入れは「本人が働いている」ということが一つのポイントになります。ということは、モビットでは残念ながらアルバイトをしていない学生や専業主婦の方では借り入れができないということになります。
内職や在宅の請負の方はどうなるのか?という疑問が出てきますが、その場合、請負契約書や確定申告書、収入証明書といった、第三者の証明書と借入限度額の制限などにより、借り入れが可能な場合がありますので、このような特殊な就業形態でお仕事をしている方でどうしてもモビットで借り入れをしたい!という方は、一度会社に問合せをしてみることをオススメします。ポイントは、「自分で返済する能力があるかどうか」という点です。お金を貸して利息を売上として生業を立てているプロの貸金業者ですので、貸したお金がきちんと返ってくるという保証があれば、問題ないということ。お金の貸し借りは信用商売ですので、どちらも信頼の上で、ということになります。

モビットは1から500まで

一般的なキャッシングの会社は、多くの場合、借入限度額を500万円に設定しています。ただ、ちょっと異なるのが、最小額の単位です。5,000円のところもありますが、モビットでは1万円からの借り入れとなります。ということは、本当にちょっとだけ、という人はもちろん1万円の借り入れだってOKというわけです。5,000円でも1万円でも、これ位の少額であれば、余分なお金を無理して借りる必要もなく、最低限自分の必要な額だけ借りて返済をすれば良いだけですので返済の負担も随分軽くなりますよね。
借りる時の最大の不安が、「自分はきちんと返済できるか!?」という点だと思いますので、この最小額の設定は借りる側へのモビットの配慮が感じられ、誠に有り難い限りです(笑)もちろん、どんない少額でも返済はしなければいけないことですので、借りる側は返済を肝に銘じて過ごすべし。お金の貸し借りは金額の大小に関わらず、大人の、そして社会人としての責任です。
みすみす目の前にやってきたチャンスを、お金が足りない!というただそれだけの理由でのがしてしまうのはなんとも勿体無い話ですから、キャッシングでチャンスを手に入れたら、その後の責任は必ず果たしましょう。

 

もっと詳しく知りたい人はコチラ カードローン比較マガジン

参照サイト

レイクは必要書類も少なく、キャッシングビギナーにもオススメです。・・・必要書類もコンパクトで無利息のサービスもあるレイクを中心にキャッシングをご紹介します。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ